サービスのご紹介

らくえん倶楽部のご紹介

特別養護老人ホーム(地域密着型サービス)

特別養護老人ホーム(地域密着型サービス)

地域密着型施設として(中央市)の介護を必要とされる高齢者に対して、家庭的な雰囲気の中でケアを行うユニットケア方式を採用しています。

プライバシーが確保され、ご利用者皆様の希望や生活習慣に沿い、そして何より尊厳を重視し自立した生活を実現するための暮らしを重視した形の新しい施設です。

グループホーム(地域密着型サービス)

グループホーム(地域密着型サービス)

認知症の方が小規模な生活の場で少人数(5人~9人)を単位とした共同住居の形態で、1日中家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症状の進行を穏やかにする形態です。
少人数で「慣れ親しんだ関係」をつくり上げることによって、認知症状の症状を軽減し、また過去に体験した事がある役割を担っていただき、潜在的な力に働きかけます。こうして失われかけた能力を再び引き出し、「その人らしく」生活することが可能になります。個々の生活を重視し残された残存機能を最大限に活用できるような環境を提供します。

地域密着型サービスとは

2006年4月介護保険改正に伴い、高齢期になっても住み慣れた地域で人生を送ることができるように、地域の実情に応じた「地域ケア」体制を確立することを目的として新たに創設されたサービス。原則として、その市町村(中央市)の被保険者の方のみが保険給付の対象としてサービスを利用することができます。